読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当は怖い情報科学

情報系大学院生の趣味&実益ブログ。

有名なジョーク:「プログラマがクリスマスとハロウィンを区別できないわけ」に、こじつける

プログラマはクリスマスとハロウィンを区別できない」というジョークがある*1
まぁ答えからいうと、OCT 31 = DEC 25だからだ。

このネタを久しぶりに思い出してtwitter上でブツブツ言っていたら、ついでにある本のことを思い出した。

エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)
エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)ピーター ヴァン・デ・リンデン Peter van der Linden 梅原 系

アスキー 1996-03
売り上げランキング : 107635

おすすめ平均 star
starCの本ではない、Cの本
star「なんとなく動いている」からの卒業
starCプログラマ必読の良書(「外野席」を除いて)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本は、なんというか、「C言語の本」としか言いようがない。でも、ぜひ読むべき本だと思う。ちょっと内容が古いので時代に合わない部分もあるが(SPARCプロセッサとか、コンパイラとlintが分かれているとか)、それを除いてもぜひ読むべきだ。「こう書けば動く」や「なぜか知らないけどこう書くと動かない」という状態でC言語を書いているのは実に気持ちが悪い。その気持ちの悪さを解消してくれると同時に、自分が今まで気づかなかった罠もたくさん教えてくれる。

本の中に散りばめられたエピソードや小話も面白い。ハロウィンとクリスマスのジョークはもちろん、C言語にとどまらず、プログラミングを楽しくしてくれるような話が載っている。なんでこの人はこんなに引き出しが豊富なんだと思わせる。こんな本がもっと増えればいいのにね。


余談だけど、このページ(英語の月の名前でローマ帝国の政治家にちなむものは?の解説)なんかを読んでいると、非常に勉強になる。

ユリウス・カエサル太陰暦を見直す以前は、軍神Martisの月が一年の最初の月で、Februariusの月が1年の最後だったそうだ。それをカエサルが改定し、11番目の月であったJaniariusを最初の月と決めることにした(冬至の日を一年の最初にするため)。だから、Martis → March となり、Februaryは28日しかなく、September〜Decemberは言葉が表す数字より2つずれている。そしてJulyとAugustは、ユリウス・カエサルオクタヴィアヌスからそれぞれ取られている(オクタヴィアヌスの称号がAugustus)。なるほどね。

いろいろこういう豆知識が頭に入っていると、女の子にもてるかも・・・(今年は手遅れ!)

*1:オリジナルはプログラマではないらしいけど、ジョークというものは伝わって変形して伝播していくものなのだらか、それをいうのは野暮というものだろう。

【広告】