読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当は怖い情報科学

情報系大学院生の趣味&実益ブログ。

ClojureをUbuntuにインストールしてみた

lisp

Clojureって何かインストールが面倒(というか、ユーザーディレクトリにダウンロードしておいて実行というのが性に合わない)と思っていましたが、冷静になって何気なく apt-cache で検索したら clojure パッケージがあるということを発見しました。

バージョンはどうやら Clojure 1.0.0 のようです。ただ、オプションを間違えるとJavaの例外が盛大に出るのは微妙だなぁ。

$ clojure -version
Exception in thread "main" java.io.FileNotFoundException: -version (No such file or directory)
	at java.io.FileInputStream.open(Native Method)
	at java.io.FileInputStream.<init>(FileInputStream.java:106)
	at java.io.FileInputStream.<init>(FileInputStream.java:66)
	at clojure.lang.Compiler.loadFile(Compiler.java:4821)
	at clojure.main$load_script__5833.invoke(main.clj:206)
	at clojure.main$script_opt__5864.invoke(main.clj:258)
	at clojure.main$main__5888.doInvoke(main.clj:333)
	at clojure.lang.RestFn.invoke(RestFn.java:413)
	at clojure.lang.Var.invoke(Var.java:346)
	at clojure.lang.AFn.applyToHelper(AFn.java:173)
	at clojure.lang.Var.applyTo(Var.java:463)
	at clojure.main.main(main.java:39)

間違えるとというか、そもそもコマンドラインオプションを受付ないのかな?

(ちなみに、SunのJDKがあらかじめ入ってます。)

【広告】