読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当は怖い情報科学

情報系大学院生の趣味&実益ブログ。

[雑談] 3G回線につながったカメラが欲しい

iPad関係でいろいろ考えていてふと思ったのが、「3G回線につながったデジカメが欲しい」っていうことでした。

とったそばから自動的にネットに送信。これって便利じゃないですか?

って書くと、「携帯にカメラついてるじゃん」っていう光速の突っ込みが来ることが予想されます。そうじゃないんですよ。「なんでもあり」のデバイスって言うのは、確かに便利だけど、革命的に便利にはならないんです。幕の内弁当に鮭は入ってるけど、鮭が食べたければ鮭弁を買うべきなんです(なんだそりゃ)。

もうちょっと具体的に考えてみると・・・

契約は2年縛りで、カメラ本体は無料。カメラ自体には、まぁ数百メガバイト程度のストレージとSDカードスロットがあればいい(写真はどんどん送信するので)。料金は、500円〜3000円の2段階定額。撮影した写真はどんどんネットに送信されて、サイトにログインすると見ることができる。

撮った写真に対する修正とか典型的な操作は一通り用意されている(明暗を調整するとかね)。それで、写真を選んでスライドショーを作ったり、ギャラリーを公開したり、印刷を注文したりできる。

追加料金で、複数台のカメラを一つのアカウントにひもづけることもできる。よく、サークルとか研究室とかで「撮った写真をUSBメモリに入れて持ってきてくださいねー」みたいなことってあるけど、それが全部自動で可能。

まぁ問題はストレージで、瞬間的に数十GBオーダーに行ってしまうことが予想されるので、上記程度の料金でカバーできるのかは微妙。団体料金をちょっと高めに設定すれば、個人向けの料金を安めに設定してもペイするのではなかろうか。

欲しくなってきたぜ!

【広告】