読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当は怖い情報科学

情報系大学院生の趣味&実益ブログ。

リンク:「Amazonで「電子書籍が上回った」意味」

リンク

Amazonで「電子書籍が上回った」意味

すでにご存じの方も多いと思うのだが、この記事は結構衝撃的だった。もちろん、現在は「ハードカバー」を上回ったという話なので、取り方によっては「ハードカバー」本の無意味さが露呈した結果ともとれなくはない。そこは冷静に見極めなければいけないと思う。そこら辺の事情は日本も同じなのかな−。

で、どちらかというと、

(・・・略・・・)同社によると、Amazon社の電子書籍カタログには、10ドル以下の書籍が51万タイトル以上あるという。

こうした値引きの状況下では、Kindleを約190ドルで購入したとしても、ハードカバー本を正規の値段ですべて購入した場合を考えると、電子書籍を11冊を購入するだけで、もとはとれることになる。

そして、電子書籍を配布するコストはほとんどゼロなので、Amazon社の利益率は大きいはずだ。

Amazon社によると、Kindleのブックストアでは現在、63万タイトル以上の電子書籍が販売されており、加えて、著作権が消滅した180万タイトルが無料で提供されている。

この、51万、63万という数字は衝撃的だ。

日本だと、なにやら電子書籍なんとか協会ができたとかできないとか、これから法制度を整備するのがどうのこうのとか、そんな話ばっかりしているなぁと思ってる間に海の向こうでは数十万オーダーの本が電子化されているという衝撃。大丈夫なんだろうか我が国は・・・

本当に、英語が読めないと「情弱」であるような時代が来ているのかも・・・。インターネットで情報格差が縮まるかと思いきや、どんどん広がっているような気がする今日この頃。

これとか羨ましすぎる
たった600円でオライリー本をiPadやKindleで読む。すてき。

【広告】