読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当は怖い情報科学

情報系大学院生の趣味&実益ブログ。

Linus Torvaldsの"Software is like sex: it's better when it's free"の意味ってなんだろうか

雑談

Linus Torvaldsの言葉に、

Software is like sex: it's better when it's free

というのがある。これって、どういう意味なんだろう、とちょっと考えた。

というのも、大抵の日本語訳は、「ソフトウェアもセックスも自由なほうが良い」という感じになっているのだけど、本当にそうなのだろうか?と思う。これだと、大した事を言っているようにも思えない。英語としてもちょっと違和感がある。

なので、ぼくは英語的な微妙なニュアンスはわからないけど、自分が訳せと言われたらこのように訳す。実際、英語に堪能な人(あるいはネイティブ)はどのような意味として捉えているのだろうか・・・?

ソフトウェアはセックスのようなものだ。自由なほうが、より良いものになる。

GNURichard Stallman(R.M.S)とLinus Torvaldsは、あまり仲がよくないと言われる。その原因の一つに、Linusにとってソフトウェアが自由であることは「あくまで品質の良いソフトウェアを作るための手段である」という事があるらしい。

そういうことも踏まえると、やっぱり後者の訳のほうがLinusの信条を的確にあらわしていると思うのだけど、実際どうなのかなぁ・・・

【広告】